アロマのある暮らし

          心も体も元気になる アロマのある暮らし

 花や植物の香りに心が安らいだ経験を持つ方も多いのではないのでしょうか?”アロマ”には人の心や体を元気にしたり、リラックスさせたりする効果があるといわれています。季節や気分に合わせて香りを楽しむことはもちろん、日々の生活にアロマを取り入れて、心身の健康維持や美容に役立ててみませんか。

アロマとは??  ”アロマ”とは香りを意味し、植物から抽出されたエッセンシャルオイルのことを指します。植物の香りは人の心や体に作用することが知られていて、健康維持や美容のためにその力を利用することをアロマテラピーと呼びます。

 

アロマの種類と効能      

ラベンダー   万能精油のひとつであり、爽やかでやさしい香りが特徴。安眠やリラックス効果があるほか、血圧を下げるはたらきや鎮静作用などがあることが知られている。オレンジ・スイート   甘くフレッシュなオレンジの香りが特徴。リラックス効果やリフレッシュ効果が期待できます。胃腸のトラブルにもおすすめ。敏感肌の人は使用を控えましょう。

サンダルウッド   和名は”白檀”。甘くエキゾチックな香りを持つアロマ。気持ちを落ち着かせてくれる効果があるので、ヨガや瞑想、睡眠時などにピッタリ。喉の痛みや咳などを和らげてくれます。ペパーミント   爽快感のあるメントールの香り。頭をスッキリさせ、集中力アップが期待できます。消化不良や胸やけ、乗り物酔いなどを緩和してくれるほか、鎮痛や鼻ずまりにも。ゼラニウム   ローズに似た深く甘い香りが特徴。ホルモンのはたらきを調整し、整理中や生理不順、更年期障害にともなう症状を和らげます。また、皮脂のバランスをととのえる効果も。べルガモット   甘さとフルーティな爽やかさをあわせ持ち、ほかのアロマとの相性が良いことで知られています。脂性肌やニキビ・湿疹などの症状を改善する効果も。使用直後に紫外線に当たらないよう注意。

※全ての方に効果があるとは限りません。                                                                                                                ※妊娠中は使用を避けましょう。                                                                                                                           ※アロマオイルを使用するときは事前に使用方法を確認し、正しくお使いください。また、持病がある   方のしようについては医師などにご相談ください。